めぐろと飛ぶ人
めぐろのブログで「めぐろぐ」なんていいかも。最近モブログとかはやりらしいですから。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
風邪のセントパトリックスデー
ちょっと前の年末あたりの自分の日記を読み返して思いました。
つい1ヶ月ちょいまえまではラボにこもっての編集と、九重の山奥に週3で撮影に行く(プラス暇さえあれば毎日でもアイススケート笑)という生活だったのに、なぜかそれが遠い過去のように感じます。
きっと世界が違うからです。あのまま別府にいて同じ1ヶ月半をすごしたら、もしかしたらまだその余韻に浸っていたかも知れません。でもある日突然めぐろの存在する世界が真夏になってしまって、景色も全然違うところで全く違うライフスタイルになったがために、あの日々はまるでもう遠ぉーい過去のように感じます。それってなんだか変な感じです。そしてちょっとばかしさみしいです。でもあの時映像制作をしたゼミのみんなは、今東京をはじめとする日本各地で、頑張って就職活動の真っ最中です。一人だけアホみたいに時差ボケもどきなコメントしてる場合じゃありません。
めぐろもここオーストラリアで頑張ってるはずなのですが、自分で最近の自分を想像してみると、基本暇人で、真夏の日差しに照らされてぼーっとしながら呼吸しているだけな自分しか想像できません。デザインっていってもまだ基礎っぽいことしかしてなくて、自分的に不完全燃焼だからかもしれません。もちろん楽しいし、勉強になることばっかりなんだけど、体の中が空っぽになるくらい全てを出し切っている感覚にはほど遠いです。作業していて夢中になった瞬間は瞬間的にそういう感覚だけど、ライフスタイル全体的に見たら全然です。簡単にいうと作業中だけじゃなくて交差点を信号待ちしてるときでさえも、自分という存在自体がそういう感覚になりきれていないってことです。
はい、もうわけのわからないアホなコメントはこのくらいにして、風邪なおすこと考えた方がいいです。ってゆうか風邪ひいたからこんなアホなことばっかり考えているのかもしれません。ずーっと頭はがんがんするし困った困ったです。

話はかわって、今日はセントパトリックスデーでした。アイルランドにキリスト教を伝えたセントパトリックさんの祭日(のはず)です。多分ね。アイリッシュ移民が多いのかは知りませんが、近所のアイリッシュパブの付近では、緑の服着た人だらけでもりあがっていました。
今日外出するときに、「そういやオーストラリアもセントパトリックスデーなんだよなあ」と思って、何となく緑の服着てみたけど正解でした。今日は町中緑の服着た人だらけでしたから。お祭りをたのしみたいとこですが、あまりの頭痛に、用事だけ済ませて早々と帰宅してしまいました。ああ、早く風邪なおれ。これでもかっていうくらいあらゆる手段で対抗してるのに、なおってくれません。

めぐろがこうして風邪のセントパトリックなんとかの日を過ごしているときに、別府ではAPUの卒業式が行われたらしいです。みんなの卒業式を見れなくてちょっと残念ですが、みなさん卒業おめでとうございます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。