めぐろと飛ぶ人
めぐろのブログで「めぐろぐ」なんていいかも。最近モブログとかはやりらしいですから。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
孤独??
とりあえず孤独だしさみしいし悲しいしなんなんだろ、あたし。
最近学校が忙しくて体調を壊したと前に書きましたが、無事体調はよくなりつつあります。
ご心配おかけしてすいませんでした。みんなありがとうね。
今週も先週と同じく学校は課題ラッシュですが、デザインをするのが3度の飯よりも好きかもしれない人なので、それは意外と慣れてくると大丈夫とゆうかむしろエンジョイ中。

だけど今日はすっごく孤独で辛いです。道歩いてるだけでも、授業中でも、何しててもとりあえず泣けます。そりゃ表立っては泣かないけど。いやちょっと泣いてるかも。ってゆうか前回泣いたのがいつだったか、一体なんで泣いたのか考えても思い出せないので、すっごく久しぶりのはず。

ましてや人生で2度目の留学だし、あのときとは置かれてる立場もやってることも違うので、今更ホームシックも言葉の壁も別に得になしだけど。何気ないことですっごく傷ついて、落ち込んでるあたしです。

こんな時apuにいたら回りには沢山友達もいて、やることもあるだろうけど、ここではそんなに友達も知り合いもいないし、なんだか結局なんのつてもないままここに一人でやってきたあの日のあたしと変わらないなって思います。

なんてゆうか、やっぱり一人でここへ来て、そして周りがどんなに変わって時間がたっても、どこかでやっぱり自分は一人です。

学校にめっちゃ親切でやさしいインタンっていう女の子がいて、はげましてくれたのに、そんなあったかい人の気持ちに大して失礼なことに、やっぱりなぜか一時的で、どっかで孤独な自分がいます。


なんか言葉でなんて書いたらいいのかわからないけど、どんな時だってだめなときはあるんだな、ってすごい久しぶりに思いました。
好きな事に夢中になって、頑張って、ものすごく暮らしやすいし、恵まれた環境にいて、ストレスを感じた事もほとんどなけりゃ、むしろ常にリラックスしてたような日々が毎日続いて、でもやっぱり自分は一人、どっかしらない遠いとこにいて、どこか孤独でもの悲しい気持ちと、なんか表裏一体というか。

いや、別に躁鬱病とかじゃ、全然ないけどね。

とりあえず、だめなときはだめだなって日です。





スポンサーサイト
この4日間
この前のブログで学校がめっちゃ忙しくなったと書きましたが、
おかげさまで金曜日に胃炎かなんかそれらしきものになり、
一晩中吐き気はとまらないし大変でした。

とゆうわけで金曜日は個人的に休校にして、家でのんびりしていました。
はあ、リラックスってすてき。ってゆうか朝も気持ち悪すぎて起きれなかったし。

そうゆうわけでのんびりしていたら大変!
学校の友達から連絡があり、またもや新しい課題が出たのだとか。。。

休んでいる場合ではなくなりました。
とゆうわけで金曜から家にこもって、今まで長い事ちんたらやってきた分厚いリーディング課題をついに終わらせ、
土曜日にはデザインの課題も一つやり終わり、
今日日曜の夜にはフォントのデザインも無事終わらせることができました。
はあ、よかったよかった。しかも自分的にはなかなかいいものができたつもりだし。
満足ナリ。
しかしこの調子では、きっとこれからの1週も先週と同じように、毎日放課後も居残り作業を続けるような日々になりそうな予感です。予感というかもう十中八九決まりです。

こんなだから吐き気がしたりうなされたりするんじゃないかって思います。
昨日の夢なんてまじで最悪!!
寝る直前まで長時間パソコンで作っていた作品が夢に出てきて、もう作り終わったものなのに、夢の中のあたしは、まだイラストレーターで続きを作っていました。
しかも夢の中のあたしは、複数のレイヤーのロックを解除して、適当にドラッグして作品の一部を選択し、同じ絵の中でもパスごとに別々のレイヤーにバラバラにまき散らしてしまうのです!
要するに人が苦労して作ったものを、もうめっちゃくっちゃのぐっちゃぐちゃにされてしまうという夢でした。
あまりに気分が悪くなって目が覚めて、そのときは吐き気と寒気がひどくてもう気持ち悪くて寝れたもんじゃなかったです。
毎日こんなマニアックな夢を見ている訳では決してありませんが、ここ何日か吐き気がひどくて寝れないのは確かです。

とゆうわけで気分転換に街にお買い物に出かけ、かわいげな黒のトップスをゲット☆しかも色んなお店のロゴや、洋服にかいてあるロゴ、プリントのデザインを見るだけで今の学校の勉強になるし。街にでればアイディアもふくらみました。
ほかにも楽しくお買い物をして、帰り際にスーパーによって帰りました。豚肉、鶏肉、卵を破格の激安値でゲットしてこれまた幸せなり。

今は急に忙しくなりすぎて体調を崩しがちだけど、基本的には自分の好きな事を恵まれた環境でやっているので満足です。
明日からまた学校。みんなの顔をみて笑いながら作業ができるのが楽しみです。

あわただしい日々
ブログ更新何気に久しぶりです。
最近めっちゃいそがしいです。そしてすっごく疲れてます。
とりあえず学校で最近課題やら作品提出が相次ぎ、
しかも突然今日言われたのに締め切り明日なんてむちゃくちゃな。。。
てのばっかで、放課後も残って作業してます。
だから帰宅したらバターンと倒れこむように寝てます。
それか家のサウナに行って平気で2時間くらい爆睡してます。

残念ながら、ブログとかメールとかする余裕が時間的にも精神的にもあんまなしです。誕生日のメッセージくれたのにまだ返事返ってない人まだあと何人かいるよね?ありがとうね。感謝してます。返事遅れてて本当にごめんねー。必ず書こうって思ってるから。


てなかんじであわただしい日々を送っています。

学校がこんなに忙しくなってきたときに限って、
今まで何の返事もなかったバイトから面接に来てくださいとの連絡が!
ちょっと前なら嬉しかったけど、
今の生活にいったい働ける余裕があるかどうか微妙です。
まあ、採用になったらなったでもちろんがんばりますけど。

もうそろそろ日本に帰ったときの就職活動に向けてspiとかもはじめなきゃって思いはじめた。
とりあえず学校では作品作り、家では学校のリーディング課題や就活にむけた勉強。
ということにして、今から集中してリーディングやります。

人生初の人種差別
人生で初めて人種差別をうけました。ありえない!まじでありえない!
意外にアメリカ時代にもうけたことがなく、こっちに来てからも今までなかったので、これが人生で初人種差別です。

今日は友達と飲みに出かけました。日本でいうとこのクラブ、アメリカでいうとこのナイトクラブ、オーストラリアでいうとこのパブです。
呼び方はどうであれ、とりあえず飲みとダンスフロアのあるような、そういう店に行きました。メンバーはめぐろの他にもうひとり日本人の女の子あゆみちゃん。そしてあゆみちゃんの彼氏でオーストラリア人のジョー、それにその親友で同じくオーストラリア人のゲイリー。前にもこのメンバーで飲んだ事はあるし、この店に入った事も結構何度もあるので、最初は普通に店に入ってドリンクを飲んでいました。

そこであゆみちゃんが、店のすぐ近くで配っていた、この店のフリードリンクの割引券をもっていることが発覚。でも入り口でその券にスタンプを押してもらわないと無効と書いてあったので、入り口までもう一度あたしと二人で行ってみる事に。その際にジョーとゲイリーが、「店のすぐ近くで割引券配ってるならもっともらっておいでよ。」とアドバイスしました。

で、あゆみちゃんと入り口に戻ってスタンプを押してもらったあと、この割引券もう一枚もらえる?って聞くと、スタンプ押してくれたお姉さんは、「すぐ向こうで配ってるけどこの入り口には置いてないの」と言われ、うちらはほんの2分くらい券をゲットしに外を歩きました。

で、そのほんの2分後くらいに店に戻ると、セキュリティーの黒人のいかついお兄ちゃんが、うちらを店に入れてくれないのです!「君たちの名前はリストに載ってるの?」と聞いてきて、身分証明書の名前を見て、「今日はリストに載ってる人しか入れない日なんだよ」と言い出したのです。うちらは「つい2分くらい前まで店の中にいて、まだ友達も中にいるんだけど」といくら言っても「この時間過ぎたらリストに載ってる招待客しか入れないから無理なんだ」と言い返されました。
そこであゆみちゃんが中の二人に電話して、表まで来てもらうことに。でも二人は事態を自然と察して、「別の店に行こう」と言い出し、結局みんなでちがう店へいきました。

でも同じ事が別の店でもありました。入り口には行列ができていたのに、私たちの前にいたアジア人の男の子とか、その他の人種の人たちは、「リストに名前が載ってないと入れないよ」と、言われ入れなかったのです。で、私たちの番になりました。

あゆみちゃんの彼氏のジョーと、その友達ゲイリーは別に予約客でもなけりゃVIPでもなんでもありません。もちろんリストに名前が載ってる訳ありません。でもなんの質問もされずに店に入れたのです!!
そして男の子二人の次にあたしとあゆみちゃんが入ろうとすると、また「君たちリストに名前載ってる?」と聞かれたのです!明らかにリストなんて偽物で、単なる人種差別です。あわててオーストラリア人の男の子2人は、「僕たちと同じグループなんだけど」と言うと、セキュリティーの黒人のいかつい男が、「ああ、ならどうぞ」と、簡単に入れてくれました。

ありえません!なんなんだ、この人種差別!!
以前からオーストラリアにもそういう差別があるという話は色んな人から聞いていました。でも個人的にはこっちに来てから一度もそんな事をされたことはなかったし、その店にも普通に入れてたので今日が初めてでした。
アメリカも一般的にそういう差別はよくあると言われていますが、個人的に受けた事は一度もありませんでした。
よく考えたらあたしはいつも現地の学校に通って、現地の友達ばっかりに囲まれていて、海外で日本人同士とか、アジア人同士だけでそういう店に行った事があんまなかった気がするので、だからかもしれません。最近は一緒に暮らしているアジア人同士で遊んだり、いっしょにいることも多いですが、そういう店に飲みに出かけた事は意外になく、いつももっと別のことをして遊んでいることに気づきました。
で、アジア人同士でこういう店に行こうとするとこのざまです。
やっぱりこの国にも理不尽な人種差別ってあるんだって思うと腹立たしいです。ああ、なんかありえんくらい腹立たしいです。
なんなんだ、全く!負けてたまるかっての!

誕生日
5月17日は誕生日でした。
22歳になってしまいました。
メールやgreeで誕生日メッセージくれたみんなありがとう☆
たくさんのメッセージで幸せでした。
今年の誕生日は一緒に住んでいるみんなでディナーアンド韓国カラオケでした。
去年の誕生日もゼミのみんなで大人数でディナーとカラオケだった気が。。。
毎年毎年いろんな人に祝っていただけて本当にありがたいなあ、幸せだなって思います。
みんなまじでありがとう☆
さて、今日学校があるのに昨日朝方まで起きていたおかげでめっちゃ眠いです。
眠い目こすりながら今日が広告デザインの作品提出期限なのでしっかりやってのけました。ああ、疲れたし今猛烈に眠い。。。
しかし今日は誕生日祝いもかねて、クラスのみんなでおでかけっぽいです。
明日から三日休みなので今日まで遊んで、今週末ましっかり休みたいと思います。
年をとるのは嫌だけど、みんなで祝ってもらって楽しく過ごせたので22歳でも悪くない気がしてきました。今年も去年同様にがんばってすてきな22歳を送りたいと思います。
学校の友達と
昨夜学校の友達とディナーに行き、帰りに映画を見てきました。
ダーリングハーバーなのに、なぜかシーフードじゃなくてイタリアンにいきました。
で、かっなり久しぶりにラザニアをたべました。よく考えたらラザニアとかピザとかめっちゃ定番イタリアンをもう長い事食べてないことに気づき、急にたべたくなったからです。
っていうか一体今までなに食べてたんだろう。。。
本当はリトルイタリーのライカートまで行こうと思ったんだけど、もう夜遅かったし遠出がめんどくさくて近場になっちゃいましたが。というわけでライカートはまた次のお楽しみ♪久しぶりのラザニアで満足満足☆

そして映画館にいって、ポスターを見れば、どのポスターが一番目を惹くのか、このフォントはセリフが下向きでオールドスクールだね、とか授業の真似が自然と出てきて、ジョークもキモイうちらでした。後から考えるとぞっとするくらいキモイ人たちです。

学校の友達とは、やっぱり学校の子同士でしか話せない話題もたくさんあるので、すっごく楽しかったです。そして家に帰れば、いつものごとく深夜にも関わらず同居人は誰一人寝ていませんでした。そしてみんなでダラダラまた家のメンバーならではのくっだらない話で盛り上がり、気がついたら寝ていて今日になっていました。

バイト探しや学業であくせくするのもいいけど、こうして気楽に楽しむ時間も大切だよなあとしみじみ思った今日この頃でした。

さあ、今朝さっさと課題を済ませたので、今日はのんびりゆったりする日です。
夕方には超満員が予測される、チャイナタウンのパディーズマーケットで激安野菜ゲットのために奮闘しなくちゃいけないので、今から体力温存しとかなくっちゃあ。
より一層安い閉店間近に行くには、なにより気合いが大切だからです。
あ、1週間の献立も考えなくちゃなあ。


近況報告
最近なんだかんだで更新してませんでした。ごめんなさいね、ということでここで近況報告です。

バイトの件ですが、コメントでの会話からもわかるように今も長い目で探し中です。
もうみつからないならそれでもいいのでとりあえずできることだけやろうと思います。
噂のケバブ屋は、中東系のあやしいおっちゃんばっかで危ないよ、と周りに反対され結局始めからバイト探しをする事に。あたし要領悪いかも。まあ仕方ないよね。
レジュメをこれだけ配って、「あとから連絡します」と店頭でいわれても絶対に電話は返ってこないし、逆に「あの件どうなりましたか?」ってこっちから電話しても断られるし。
今から気持ちをリフレッシュしてバイトサイトから一斉申し込みでもしようかと思います。

さて、本業の学業およびデザインですが、この前授業でモーホークっていう紙の会社がやってる印刷物のグラフィックデザインのエキシビジョンに行ってきました。
要するにその会社が主催するグッドデザイン賞みたいな感じで、賞をとった作品の展示会です。
学校の紹介パンフレットから、会社の一年間の報告書まで、あらゆる印刷物のデザインが対象でしたが、とってもかっこいいものばっかりでインスパイアされたって感じです。
あたしも何か作りたくなりました。最近の世界的なデザインの傾向っていうか流行もわかっていい勉強になりました。超意外なのがイランのデザイン。普通におしゃれで今っぽいです。イランのデザインなんて考えたこともなかったので衝撃的でした。

その帰りにクラスメイトとワールドプレスフォト06を見に行きました。つまりはAPUでもたまにやってくれてる、世界報道写真展のことだと思います。
災害や戦争などの過酷な写真ばっかりで、見た後心が重くなりました。あたしたちの生活状況なんてすっごく恵まれてて幸せなんだなあって、この自分のおかれる状況に感謝です。

そして最近日本の電車男系オタク文化を体験しました。
オーストラリア人で、自らオタクと名乗る(彼の日本語の発音だと「オッタ-クウ」ですが)いわゆる変な外人が、一方的に貸してくれた日本のオタク系アニメのDVDをみました。
アーティストのプロモにも結構アニメーションは使われているし、ドキュメンタリーしかやったことないけど映像の一手段として、そういうふうにプロモに取り入れたり、またグラフィックデザインに取り入れたりするのも結構かっこよかったり、おしゃれアニメちっくになるので若干興味はあります。ということでオタク文化に興味はないものの一緒に暮らしているみんなで見ることに。

率直にいって展開が早すぎて、新しすぎてついて行けませんでした。アニメ版クドカンぽかったです。くどうかんくろうのドラマをアニメにした様なノリ。そうするとオタク臭いんだけど、でもとってもクリエイティブでアーティスティックでもあるのです。世界的に見てこんなものが作れるのは日本だけなので、日本のアニメ作る人もいい意味で芸術的に脳みそ爆発してるよな、と思いました。と、少し日本のオタク文化に感心してしまったひと時でした。

さて、話は変わって最近のシドニーはめっきりさむくなりました。冬っぽいです。
ということで喉が枯れかけて、なんだか風邪引きそうな予感です。今蜂蜜とレモンをしぼったやつを飲んだりしてるけど。
最近あっほみたいにリーディングの課題がでるので、風邪引いてる場合じゃありません。
どうにかこうにか抵抗して行こうと思います。

というわけで、なんのヘンテツもないこのような日常を送っています。
以上近況報告でした。

バイト探し
今日ダーリングハーバーに履歴書をもってバイト探しに行ってきました。
ダーリングハーバーはあれだけたくさん店があるのに、こんなにも断られると泣きそうになります。「今、バイトを探してないからごめんね」って言われるのがほとんど。
あと、日本みたいに経験がなくても、研修とかあってやってくうちに慣れればいいっていう感じじゃないみたいです。雇ったその日から普通に働けないとだめっぽいです。オーストラリア人は人に教えたりとかめんどくさそうだからかな、とかぶっちゃけ思ったりもしました。
カフェに行けば「バリスタできる?」って聞かれて、やったことないってだけで即不採用。そんなんなら日本でスタバででも働いてりゃよかったなあ、と思ったり。

レストランに行けば、両手に大皿4枚もって運べないと無理なんだけど、って言われて、今ここでできなければ不採用。。。厳しいです。。昔ホテルのレストランのウエイトレスもちょっとやってたけど、みんながお皿4枚運ぶ時に、めぐろは手も小さいしできなかったから、2枚でいいよって許されてたり、瓶ビールを両手で6本運ぶ時も4本でいいよってあたしってけっこう甘やかされていたなあと思い出したりしました。

とりあえず経験があることがまず第一条件で、イタリアンレストランで働いてたって言っても、さっきのように提示された事がその場でできなければorやったことがなかったら不採用。。。

こんな日々が続いてまじで嫌になりますが、1軒だけ月曜日の五時に来てくれって言ってくれました。採用ではなくテストみたいな感じでしょうが、行ってその場でできなければきっとまた不採用です。
なんとしてもがんばらなければって感じです。

カフェとレストランばかり行っていたときに、散々断られ続けたので、目の前にあったケバブ屋になぜか履歴書を渡してみたりしたとこです。
つまり運が良ければそのケバブ屋で働けるかもしれません。仕事ができればなんでもいいので受かってくれってかんじです。
ライフスケッチ
ライフスケッチとは、英語でヌード画のことですが、
この前面白い場所を見つけたので行ってきました。

ごく普通のおしゃれなバーなのですが、
真ん中のテーブルにヌードモデルがいて、
お客さんはみんな絵を描くのが目的で来ている人ばかり。
スケッチ料は無料で、ワンドリンクオーダー制なので
みんなワインやカクテルを飲みながら
ヌードのスケッチをするっていうバーです。

ちょっとおかしな感じに聞こえるかもしれませんが、
ワンドリンク5ドルくらいで、実物のモデルを目の当たりにしながら絵のレッスンをうけると考えたらとってもお買い得価格です。
さらに雰囲気のいい感じのバーなので、環境もよし☆

毎週月曜の夜にそのバーで、ライフスケッチができると先生から紹介されて行ってきました。実物のヌードモデルを目の前にすると考えたら、やらしいなんて思う人もいるかもしれませんが、実際はそうでもないです。
とういか鐘が10秒ごとに鳴って、その都度モデルがポーズを変えるので、10秒間集中しないと、何も書き終わらないまま次のポーズが始まってしまうからです。それが3時間続きます。最初は10秒、次は30秒、最後は30分、とだんだん与えられる時間が長くなってきますが、その間集中しっぱなしなので、結構疲れました。

やっぱりヌードはむずいです。まだまだだなあ、と痛感させられた3時間でした。

さて、英語でライフスケッチとはヌード画のことをさすようですが、これを直訳しちゃうと「人生or生活のスケッチ」?になっちゃうのかなあ。
でも実際の生活をスケッチするのは、ヌードをスケッチするよりもはるかにむずいです。
絵を描く時は、間違えたり、気にくわなかったら、消しゴムで消せばいいけど、
人生を描く時は鉛筆しかありません。消しゴムで消したくても過去は消せないし、ドラえもんの人生やりなおし機でもないかぎり戻ることもできません。
そう考えたら暇だからって家でごろごろしてる場合じゃありません。つねにベストを尽くせるように心がけなくちゃ、限られた時間がもったいないと思い始めました。
だから、手を動かして絵を描くように、体を動かして自分の生活も描いて行かなくちゃいけないよなあと思い、今日バイト探しをはじめました。

レジュメとカバーレター(英文履歴書と自己紹介書みたいなもの)を持って、飛び込みで近くのカフェとレストランを15軒くらい回ってみました。
こっちは現地レストランとかの情報がのった求人雑誌とかがあんまないので、飛び込みで売り込みに行くのが一般的だそうです。
人当たりもよさそうで、今丁度探してたの、ってとこもあれば、最近人いれたばっかりだからとか、うちのカフェは夕方4時にはしまるから、昼過ぎまで学校があるんじゃ無理って言われたり、最悪、オーストラリア人もしくは永住ビザじゃなかったら雇わないっていわれたりで、結局今日は10軒にしかレジュメを渡せませんでした。
そのうちどこから連絡が来るなんて保証はないので、とりあえず連絡がくるまでこの辺のレストランをしらみつぶしに回ってみようと思います。
よく考えたらダーリングハーバーはレストランだらけだし、うちからも近いのに今日行かなかったので、明日はダーリングハーバーにでも行ってこようかと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。