めぐろと飛ぶ人
めぐろのブログで「めぐろぐ」なんていいかも。最近モブログとかはやりらしいですから。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
いいかげんにしてくれ
まじでいいかげんにしてくれ。
同居人がめぐろを板挟みにして、年甲斐もなく冷戦状態にあります。
あんたらいったいいくつだ。26と32。

前の家を同居人と6人一斉に追い出されたとき、
めぐろも含め5人はすぐに次の家へと引っ越していきました。
でも1人だけ、いつまでも行く当てがなくて困っていた同居人がいました。
それが彼女です。
それで、「じゃあ、めぐろの新しい家に一緒に来る?」って誘いました。
というわけで結局うちら二人は一緒に新しい家に引っ越していきました。
そこで出会った新しい同居人たちは、みんなめっちゃいい子たちで、
めぐろはすぐに仲良くなったのですが、正直ちょっと難しい性格の彼女は、みんなに誤解されやすいというか、人と仲良くなるのに時間のかかる子なので、
現在あたしを板挟みに冷戦中です。笑

実はめぐろはこっちに来てからずっと、10歳も年上なのに
一人でなんにもできない困った女の人の世話をしている状態です 笑
自分でいうとおこがましく聞こえるかもしれませんが、
これ冗談じゃなくて本当の話。

32までずっと実家暮らしだったせいか、
天才的に料理もできなけりゃ掃除もまったくできないし、
自分の荷物を一人でトランクにつめることもできなけりゃ、
前の家を同居人全員で追い出されたときも、
自分の次に住む家さえ一人で見つけれずに何日も路頭に迷っていた人です。
自分が何をしたいかも未だにわかってないらしく、
仕事もしてなけりゃ、学校にも行かずに、
一貫性のないことばかりを繰り返します。
さらに英語もろくにはなせないのも事実です。

彼女とかれこれ半年も一緒に暮らしてきためぐろですから、
彼女の変わった性格は少しは理解しているつもりです。

正直彼女は常に膨れっ面で、文句ばかりいっている様に見えます。
だから誤解されやすいのですが、本当は悪気はないのです。
彼女は思ったことをうまく伝えることが苦手だし、
人前で笑顔を披露できるような器用な人ではありません。
でも本当はいい人なのです。
ただかなり変わっていて、そして年の割に常識の一つも知らないし、
自分で何一つできない、決めれない人というのも本当です。

正直あたしも彼女と最初に暮らし始めたとき、
なんなんだこいつはと思いました。
常に文句ばっかり言っているからです。
そして彼女という人間を理解して友達になるのに時間がかかりました。

おかしなことばかり言っているときは、
愛を込めておこってやることも大事です。
みんな彼女に気を使っていいたいことを言わないから、
人類の誰もができそうな常識的なことさえ、彼女は何にもできないし、みんなとも仲良くできないのだとおもいます。


難しいキャラなんだけど、悪い人ではないので、
早く新しい同居人たちと仲良くなってもらいたいです。

とにかく10歳も年下のあたしに毎日何から何までしりぬぐいさせないでほしい。。。











スポンサーサイト
もうじき完成
いよいよ、ブレイクダンサーのロゴアンドグッズのプロジェクトも完成間近になってきました。
今のとこ、
ロゴ、
名刺2種類
ステッカー2種類
フライヤー兼ポストカード
レターセット(便せん&封筒)
が完成しています。
あとはTシャツと缶バッジです。
ipodのケースもしくは、上から貼れるぴったりサイズのステッカーも作りたいのですが、
時間的にお預けかもしれません。
来週の水曜に完成させてプレゼンなので、今週末に作業をつめます。
コンペの締め切りなどにかまっている間に、こっちの締め切りが迫ってきてます。
今日も明日も深夜までバイト。
まじいらん。
でも行かなきゃ。いや、もちろん行きますよ。
こんな時に限って風邪を引いています。
ああ喉が痛い。
最近まったく寒い寒い。
早く9月にならないかなあ。9月になったらもうコートはいらないらしい。
春が来るね。わくわく。

これが終わったら家でみんなとゴロゴロしたりしよーっと。
ああ、たのしみー。


ドリーマー発言
ドリーマー発言させてください。
あたしこの学校卒業したらニューヨークでデザイナーになりたいです。
ということで就活インニューヨーク希望。
以上。

就職活動といえどもアメリカはシチズンじゃないと就職は難しいと聞いてるので、
かなりむずいと思うけど。この前のセミパーマネントで大ショックを受けて、
ああ、目指すべきとこはここじゃないか!
と胸に突き刺さったわけで、
それ以来彼らのようなすばらしいグラフィックデザイナーのいるニューヨークでデザイナーとして働きたい!と日々思ってるわけです。


でも、かなり無謀だと思って、周りの学校の友達に言ってみたら全然普通だった。。
なんか学校のみんなもロンドン、パリ、ニューヨークあたりで就職活動希望だそうです。
この学校の人たち、夢追っかけ過ぎです。。。
とかいいつつ自分もその一人。なにがなんでもかなえてやると思っていたりします。

そんな夢とは裏腹に、最近のめぐろは携帯ぶっ壊れて修理代も払えないんじゃないかとビクビクしてます。
契約書読んだら、故障させたら罰金100ドルから800ドルだそうです。
(約1万から8万の罰金)って機種自体60ドルくらいで買ったやつなのに困るよ。
しかも新しいの買うのにもお金かかるのに。。

バイトがんばらなきゃ。。。
ばいとといえば、シドニータワーのレストランの時給は16ドル(約1600円)と、かなりいいです。
でも時給がさらに2倍になる週末には新人なのでシフトに入れてもらえません。
この辺は同期採用のもう一人の子といつも愚痴っています。
ちなみに二人の間での最近のブームは嫌がらせ系いたずらです。w
が、最近それもちょっとエスカレートしてきて危ないです。
10キロ分のお皿が入ったタブを担いでるときでも、すれ違い様に、わざとぶつかり合ったりしているので、お皿が割れたりしたら多分クビです。

この時給でも、シドニーの物価は驚きの高さなので、なかなかお金がたまりそうにありません。つまり、基本的にめぐろはいつもけっこう貧しいです。
こんなんでニューヨークに行く資金たまるのかな。。
いや、なにがなんでもためなきゃいかん!アホなことして遊んでる場合じゃないわ。まじで。











痛い
連日のバイトや引っ越しの手伝いなど、重たいものを持つ作業で体が痛いです。
むしろ節々がいたいです。
ああ、今日は水曜日、一週間で一番バイトが面白くない日です。
いつも一緒にふざけてる同年代の友達がシフトに入ってないからです。
一晩に200人から400人のお客さんの接客および、
10キロ以上あるタブを担いでキッチンまではこんだり、重たい荷物運びの連続なので、
正直体はしんどいです。
そんなときに一瞬の隙を見つけてはバターを投げ合ったりとか、くっだらないことをして遊べる同期採用で、同年代の友達が1人だけいます。見つかったら絶対おこられるけど。。。。
台湾系オーストラリア人で、女の子なのにどうみても男の子にしかみえません。しかもかなりのイケメン風 笑 最初まじで男の子だと思ったし。笑 馬鹿なことばっかり話し合えるので、バイト中もそれで疲れがいやされます。
ほかはみんな5年以上働いているベテランの人や、正社員のひとばっかなので、年齢も上の人ばっかだし、ぶっちゃけ仕事場はピリピリしていて若干怖いです。

水曜日だけその子とシフトが合わないので、水曜はまじめに仕事をするだけです。きっついし怖いしやなんだよな。。

でもきつくても時給がいいし、お金がないのでしょうがないです。
最近学校の作業も忙しいので、充実しているといえばしていますが、
一日ぐらい何もせずに寝たいです。

もうすぐブレイクダンサーのロゴアンドグッズができあがります。
ほかにもコンペに出す作品がたくさんあるので、がんばらないといけないです。
ああ、ねっむー




引越し完了
2日以内に出て行けといわれ、2日目は新オーナーになるはずだった子の私物になってしまった家具家電をみんなで運ぶという大規模な引越しが予定されていたため、
各自が家探しをして、引越しする時間は1日しかありませんでした。

そういうわけでネットで探しました。早朝から何件も見て歩き、
昼過ぎにみつけた物件に決めて即引越ししました。

今度の家は急いで見つけた割りに大当たりです。
壁が黄色と赤で、家具も全部黄色、赤、白でめっちゃめちゃかわいい家です。

今まではシティーと呼ばれる都心に住んでいましたが、
今度はシティーから徒歩10分で気軽にいける郊外です。

前は現代的なつくりのホテル兼マンション(ただしマンション自体はゴージャスなのに、住んでる人たちが固片付けないので家の中はゴミ箱同然 笑)でしたが、
今回はいかにも外国って感じのちょっと古いレンガ造りのマンションです。前と逆で建物は古いのに中はめっちゃキレイでかわいくておしゃれなかんじです。

まあどちらの暮らしも好きだけど。

でも住み慣れた前の家を出る時はなきそうでした。
めっちゃ仲良しで家族同然だった同居人たちと、
こんな予期せぬかたちでばらばらになるなんて寂しすぎです。


これからもみんなで一緒に集まろうねって約束しました。
追い出された!家がない!
同居人6人路頭に迷っています。昨日の夕方電話があって、2日以内に出て行けとのこと。無理です。ありえない!

そもそも131号室のオーナーは元同居人カズだったけど、
カズはついこのまえ大学を卒業して、祖国の韓国で就職が急遽決まったので帰っていきました。

そこでオーナー不在となったので、同居人のうちの1人が次のオーナーになるべく申し込みしていたのですが、審査に受からなかったらしく、全員で2日以内にでていくよう宣告されたのです。

しかもうちにある家具をだしてマンションを空にしてでていけと言うから大変。
うちの家具は歴代のオーナーが個人売買で買い取っていたので、今回も新オーナーに申し込みした子がすでに30万くらいで買取済み。。。

なので彼女はこの家具家電とともに出て行かなければなりません。
うちらいったいどうすんだ。やばい
マンリー満喫でも死ぬ
今日は学校の友達とマンリーへランチしに行きました。
地元の子はやっぱりいいカフェを知ってるねえ。
めっちゃいい感じだった。
マンリーといえば、ビーチが有名だけど、
ローカルの子曰く、ちょっと通りを入ったようなとこにはすてきなセレクトショップが結構あるそうです。
ということでランチ後にはショッピング。
そこで、若手デザイナーたちの作品という感じでいろんな洋服を置いてるすてきなお店を発見!
友達は、「自分の友達でデザイナーしてる子が別の国の店にも服を置いてもらってるから、シドニーにもおきたいんだけど、ここに置けませんか?」と直接交渉し始めてた。。。すごいわ。。。
毎回思うけど、同じ学校の子達は超大胆。見習わなきゃいけません。その根性。。。
最近ちょっと危機感を感じているめぐろです。
学校の課題しかやってないし、もっといろんなコンペに出したり作品を作らないとやばい気がします。
周りの子は、この前のセミパーマネントのデザイナーに直接話しかけて、インターンシップをゲットしたり、クリエイターチームを作ってTシャツのデザインをしてたり。。。。
なんか学校以外での制作活動もたくさんしているというか、既にアーティストとして活動していてお金も発生させています。
あたしだけなんもやってなくてやばすぎる。。。
とりあえず、現状を抜け出すにはコンペだ!と思い、
これからは学校の課題以外にも手を伸ばして生きたいと思います。
ってかいい加減なんか始めないとやばい。追いつきたいからさ。

さて、マンリーを楽しく満喫した後は速攻バイト。。。。
今日のバイトはしんどかった。
夜だけでお客さん400人!冬休みだからってそんなに来なくていいじゃん!
手が回らなかったよー。
足も痛いし筋肉痛だあ。
そして明日もバイトだ。もう行きたくない。。。
いやいや、お金のためよね。


セミパーマネント06
セミパーマネント06にいって来ました!!!すごすぎた!!!

これは、世界中の超大御所的なアーティストやデザイナーがたっくさんシドニーに集まって、コンサートホールのようなところで、一人1時間程度のレクチャー&プレゼンをしてくれるという大きなセミナーのことです。
お客さんはシドニーを初めオーストラリアの色んなとこから集った芸術系の学生約2、3000人くらい??(だいぶいいかげん)。

もう笑いと感動の嵐だった!

映像系では、アメリカのMTVや、ハリウッド映画のクリエイターや、洋楽ミュージックビデオの監督などがきてました。
みんなユーモアがあって話もおもしろかった!

そしてめぐろの注目すべきグラフィックデザイナーも、クイックシルバーやビラボン、リップカールなどのプリントをしてる人や、xガールなどのテキスタルデザインをしてる人など、かっこよすぎる作品を作るデザイナーがいっぱい来てくれました。

脳みそがぶっ飛ぶかと思うくらい凄いものを作る人がいっぱいいて、
ずっと昔は、地域に根ざした広告とかそういった商業的でローカルなものを作る人になりたいと思っていたけど、もうそんなことしてる場合じゃないよ!!と思いました。

グラフィックデザイナーで商業的な商品のデザインをしていたって、こんなにも芸術的で、心を熱くするような仕事は、もはやアーティストです。

今すぐはぜったぃに無理だけど、ゆくゆく目指すはこういうとこだ、と今めぐろは夢を見ています。

やばい、やばすぎたセミパーマネント。
丸二日間超楽しかったです!!!


こいつが噂の
こいつが噂のホームシックか。。
亮太のコメントで気づくめぐろ。。。
泣き叫ぶほどさみしかったり帰りたかったりじゃなくて、
とりあえ田舎に行きたいのと、マンションじゃなくて家に住みたいのと、
家に家族もしくは家族みたいなあったかい人々が欲しいです。 笑
それは今の友達と大勢でわいわいする感じじゃなくて、
もっと静かで落ち着けるような感じ希望です。

とりあえずテーマは、「ザ、家族愛」です。

って、どこまでわがままなんだよ。。
そんな天国みたいな物件があるわけないじゃん。。

ああ、でも引っ越しはめんどくさい。
郊外に住めるほどお金ないし。
交通費とかかかるし、今みたいに学校、バイト、ダンスが近くなくなるから不便。

でも今の暮らしもなあ。。。
3人部屋、狭いです。
机さえないので、放課後は学校で居残り作業を余儀なくされています。
とまあ不便なとこがけっこうあります。
まあ、贅沢言ったってしょうがないよね。

家はてきとーに探しつつ、
今日もやるべき事をやって、前をむいて歩いて行こう。
どうにもならないことなんてきっとどうでもいいことだし。
明日になったらどうでもよくなってまた楽しくなるかもね。


ニュージーから帰って
ニュージーからかえってきました。
帰ってきて速攻バイト。。。
ニュージーはめっちゃめちゃ楽しかったです。
といっても特に何もしてないんだけど、
弟の家に泊まって、
弟のホストファミリーと仲良くなって
ひさびさの家族愛に満たされて満足満足です。
ほんのちょっといただけなのに、
居心地よすぎて、帰りなんてもう別れが辛くて帰りたくなかったもん 笑

アメリカの時はずっとホームステイで、どこの家にいっても
お母さんがブラウニーを作ってくれてました。

今回もそんな感じをイメージしてたのに、
同じ海外といえど、自炊生活では毎日日本食とかてきとうな自分料理。。。。

ニュージーの弟のホストファミリーでは、
当たり前のようにお母さんがブラウニーを作ってくれてて、
生活の大体がめぐろのアメリカのときと似ていて、懐かしくて、タイムスリップしたみたいでした。

ちなみに弟は大学進学のために、今週末に日本に帰るみたいです。
なんか弟がすぐ近くの国(約3時間)にいるっていうことで安心感もあったけど、帰っちゃうとなるとさみしく感じます。
それならあたしも日本に帰りたーい みたいな 笑

なんだか弟やそのホストファミリーに触れて、
日本の家族やアメリカでのホームステイの頃を思い出して、
家族恋しい病です。

ああ、いまちょうど引っ越そうと思ってるから次ホームステイにしちゃおうかな、とか、
今みたいなシェアや一人暮らしにしても、一軒家の一室をかりるとか。。。いっそのこと住宅街しかない郊外の静かで田舎っぽいとこにいこうかな。。とか
そんなことばっかり考えてしまいます。
ああ日本帰ろうかな、 笑
ホームシックとはまたちがうんだけど、
今の都心のうるさくて忙しい暮らしも結構堪能したので、
次は家族愛満喫大作戦がいいなあと思っています。

ニュージーの田舎に行っただけでこんなに影響されてしまった。。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。